スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
殿、私の馬を。
さすがに3000試合以上も神速メインのデッキ使ってると飽きるもので、最近はもっぱら魏4崩れの「張遼・関羽・楽進・曹昂・賈ク」で戦ってます。
このデッキの良いところは、メインが神速号令ではなくむしろ殿馬や離間、鬼神の使い分けにあるところに面白さがあり、神速号令を除く計略の必要士気は、3・5・6とバランス良く、さまざまな場面で計略を使い分けることによって相手の足並みを崩しながら戦っていきます。
神速デッキの場合も、刹那号令を駆使して戦えますが、超絶強化が無いのでやはりメインを神速号令か離間に据えるしかなく、相手のゴリ押しに弱い面もあるので、その点を踏まえると、鬼神降臨の存在は大きく、神速デッキとはまた違った戦い方をすることができます。
また再起の法を戦略に組み込むことができるのも楽しい。
(鬼神でプレッシャーをかけて、わざと赤壁の業火で焼かせてから再起など。)
鬼神降臨は扱いに慣れるまでは難しいですが、2部隊差でも武力19まで上がるので、開幕パチったときも結構なんとかしてくれます(笑)。

そしてもうひとつのメインが「殿、私の馬を!」。わたし、神速デッキ使うときは楽進外して曹昂入れるほどマニアなんですよ(笑)。張遼や関羽につかえば武力14の神速騎馬となり、ぶっちゃけ天下無双・改よか強いです。士気3と軽くコス1の騎馬が撤退するだけなのでリスクも軽い。開幕にも使えますし、中盤に相手に計略を撃たせたい時など重宝します。鬼神との相性も良いですしね。なぜこのカードがあまり使われていないのか、いまだに謎です。
騎馬ならまだしも典韋などに使えば、士気3で確実に相手に重い計略を使わせるレベルの強さだと思うんですが…。
スポンサーサイト
【2006/11/21 18:50】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<暗雲たちこめる。 | ホーム | またまたやっちゃった。>>
コメント
うっかりさん
はじめまして、蒼々と申します!四方堂さんのリンクからいつも拝見させていただいております。以後お見知りおきを。

今回のお題にでてきた張遼・関羽・楽進・曹昂・賈クに大変興味をひかれてやってみようと思っています。

確かに言われてみれば曹昴強いですね!現在、ぱちろー3型の攻守魏四使っていますがR典韋に殿馬かけるとかなり強そうですね。

攻守魏四を少し改良してRシバイ・典韋・関羽・曹昴もやってみようかなと思ってます(ダメ計キツイですがw)

あっ、神速から離れてますね、すいません(汗)

うっかりさん、征魏覇王目指してがんばってください! 私はショボ覇者なので、頑張って覇王になりたいです。
今後とも宜しくお願い致します!
【2006/12/04 19:56】 URL | 蒼々 #r1y2oiqA[ 編集] | page top↑
はじめまして。更新滞りがちないい加減なブログですがよろしく願いいたします(笑)。

攻守デッキはいろいろなバリエーションが考えられるので楽しいですよね。
個人的には、2.5+2.5+2+1型は、コス1によほど強いカード(水計・反計など)を入れない限りは機能しにくい気がしますので、それならば
「関羽・張コウ・司馬懿・楽進(陳宮)・曹昂」のほうがオススメですかね。4枚ならば
「典韋・司馬懿・ホウ徳・曹仁」のぱちろ~さん型が最強だと思います。遊ぶなら
「関羽・司馬懿・ホウ徳・殿馬曹洪」なんかが楽しいかもしれません。

最近は袁家を絡めたデッキを使用してる征覇王連中や蜀のランカー陣の大攻勢に軽く心が折れまして、賈ク→陳宮のほうが安定してたりします。離間使うよかもう単純に、高武力で乱戦してから流しちゃったほうが楽です。開幕攻城して、あとは鬼神・水計・再起で時間稼ぎしながら隙を見て神速カウンター。まあ実際には、神速使えない相手のほうが多いわけで、ほとんど攻めにも守りにも水計というシューティングゲーム展開させてますが(笑)。

征覇王狙うには、現在かなり良い位置にいるんですが、なった後も勝率70%以上キープしなきゃいけないので正直、無理ゲーかもしれませんね。
【2006/12/05 21:55】 URL | うっかり #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ukkari0505.blog27.fc2.com/tb.php/102-29cdcf2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。