スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
近況~。
映画です。最近は。

先週はこれでした。アフロサムライ
前回のスキヤキ・ウエスタンといい今回のコレといい、なんかこう激しく頭パープリンな感じがします。たまには映画らしい映画を観られないんでしょうか(笑)。
それはさておきこのアフロサムライ。深夜のコマーシャルで「全米で大ヒット!逆輸入ジャパニメーションの傑作!主演サミュエル・L・ジャクソン!」の謳い文句と、見た目のクオリティの高さに釣られて、友達を誘って渋谷ライズエックスまで観に行った次第なんですが……またこの劇場が狭めえのなんのって!申し訳程度の2階構造なんですが、全38席しかない(笑)。とりあえずショボさでは、吉祥寺バウスシアターに匹敵すると思う(笑)
でも映画はやたら面白かったです。ところどころ意味わかんなかったけど(笑)
特に、アフロの持つ二番ハチマキを狙う悪の宗教集団「無無坊主(ノンノンボウズ)」のキャラクター達が最高。背負ったツヅラからRPG取り出してブッ放す法師とか、エロい姉ちゃんハベラした生臭坊主とか、ヘッドホンつけたノリノリ坊主とか、「ハーチマーキをくーださーい(ペリー節で)」とか、あとはターミネーターとかダースベイダーとか(笑)
戦闘シーンは凄くカッコイイし、女性キャラもみんなクールだし、なによりアフロがイカシテル。
ひさびさにジャパニメーションの真髄を観られた気がします。怒涛の120分間でした。


今週はこれでした。バイオハザードⅢ
性懲りも無くバカ映画ですが、これは「ミラ観に行こうぜ。」と言って誘った四方堂が悪いんだと思う(笑)。まあゾンビ大好きだからいいんですけどね…。
ミラは今回、もう人間やめてますねえ。ククリナイフを二刀流に飛翔降臨しながらゾンビをブッた斬りまくりますが、勇猛で知られるグルカ兵でもこんな使い方はしないと思う(笑)。
サイコキネシスでバイクを持ち上げたりはまだ可愛いもので、テレパシーで監視衛星を故障させたり、不思議パワーで火を爆散させてゾンビカラスの群れを全滅させたりは、もうなんだかヒトの進化とかそういうレベルじゃないですねこれ(笑)
全編砂漠ロケで予算かけてないんじゃない?とか、ジルどこ行ったんだとか消化不良な部分は残りますが、まあミラの暴れっぷりを見られるだけでも楽しい作品ではないでしょうか(笑)
スポンサーサイト
【2007/11/06 19:52】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
三国志大戦、放置っすね。
三国志オンラインのベータテスター当選。大航海時代アカウントが役たちました(笑)。24日から2週間の稼動なんで月末はホント修羅場になりますね。大戦はフル稼働で、三国志オンラインでは曹操に我が天命を預けに行かなければなりません(笑)。

まあとりあえず今は静かにしてます。
…今日は映画のお話でもしましょうかね(笑)。
続きを読む
【2007/01/17 02:58】 | 映画 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
アメリカの連ドラ。
毎度毎度、流行に一歩遅れる私ですが、最近アメリカの連続モノのドラマにはまってます。
これらのジャンルのブームの先駆けとなったのは、いわずもがな「24-TWENTY FOUR」ですよね。
私は24に関しては、深夜にたまにちょこっと見てたぐらいでほとんど未視聴。なので「24を知らずに他を語れるか」とか文句を言われそうですが、今回オススメしたいのはこの2本。
SUPER NATURAL
PRISON BREAK
続きを読む
【2007/01/12 23:39】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1日は映画の日ー
地元シネプレックスは、毎月1日が映画の日で安く観られる。
ということで友達と映画を2本立てで観にいきました。
パイレーツとゲド戦記は大変混雑が予想されるため、
マイナーな「時をかける少女」と「サイレンヒル」をチョイス。

時をかける少女
++★★★☆☆++
アニメーション・美術ともに中の上ってところ。
背景が丁寧に描かれていて綺麗でした。ストーリーは原作読んだ人にはなんとなくオチが分かってしまうと思いますが、まあ本質はそこじゃなくて、あくまで「青春映画」の部分が主眼なんで、そう考えると魅力的なシナリオ・キャラクターだったと思います。
登場する男の子達の作りこみは正直いまいちだったんですが、女の子達の描き方が凄くうまい。主人公はもとより、そのまわりを取り巻くサブキャラクター達の感情の機微、性格づけの緻密さは、この映画の最大の見せ所だったのではないでしょうか。
総じてキャラクター達が立っていたと思います。
また、自分勝手なことにタイムリープを使えば、その代わりに必ず不幸になる人がいる、という部分が管理人にはすごく感じるものがあって、なかなか「見せる映画」だなぁとも思いました。その点も踏まえてシナリオの組み立て方は素晴らしい。ちゃんとした「娯楽作品」になってますし、伝わってくる「メッセージ」もある。よくできたアニメーションではないでしょうか。
★が控えめなのは、管理人が「時かけ」派よりもむしろ「家族八景」派なため(笑)。
「時かけ」は好きですが、衝撃を受けるには至らない作品なんですよね。
火田七瀬でこれをやっていたら、間違えなく殿堂入りだったでしょう。
最後に筒井康隆原作の「時かけ」の主人公が、本作主人公の叔母として登場するのはぶっちゃけ鳥肌モノ(笑)

サイレントヒル
++★★☆☆☆++
管理人はゲームでは「1」しかプレイしたことないんで、最後まであの大斧男の意味が分からなかったよ…。
主人公「逃げすぎ」なのが気になった。劇中見つけた様々な武器でバサバサ敵をなぎ倒して、「謎解き」していくストーリーを期待していたのに、それはないだろうって感じ。せっかく手に入れた包丁も「そこで落としちゃうのかよっ!」と(笑)。頭悪いホラー映画好きな管理人にはちょっとフラストレーション溜まりました。あとショーン・ビーン扮する主人公の夫の謎解きパートがまったくの無駄。んなもん差し込むヒマあったら、もっと「サイレントヒル」を見せろと。婦人警官もけっこうキャラ立ってたのに、あんまり活躍できず勿体無い…。登場したときのいでたちがT-2のパトリックにソックリで、笑いこらてましたが(笑)
映画全体に漂う「雰囲気」が非常によかったのと、化け物のキモち悪さが素敵でした。アクション主眼として見なければ、よくできた作品だと思います。
【2006/08/06 17:37】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スターウォーズ・エピソードⅢ シスの復讐
++★★★☆☆++
管理人は園児時代、TVのロードショーでスターウォーズシリーズが放映されていたのをどうしても観たかったのだが、両親に「はやく寝ろ。」と言われ、結局観られずじまい。それ以来スターウォーズは観たことが無かったし嫌いでした(笑)。
しかし最近スターウォーズを見る機会が何度かあり、食わず嫌いはいかん、と思って全シリーズ観て、さらに今回劇場まで足を運んだ次第であります(本当は久々に下宿先から帰ってきた幼馴染に誘われただけなんだが)。
内容はまあ「これですべてのピース」が埋まった。って感じですかね。娯楽映画としては最高の出来だと思いますし、CGもすばらしかったと思います。ただあまりにも乗り遅れたスターウォーズとの出会いは、やはり致命的ですね。今観ても「まあフツー?」って印象しか残りません(笑)。
【2005/08/02 05:15】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宇宙戦争
++★☆☆☆☆++
すげー不満(笑)。前半はスケール感があってスピルバーグっぽい残酷な感じがでてて、まあまあ観られた。が、後半ロリータおやじが出てきてからいきなり話がちっちゃくなっちゃった。
説明不足・消化不良のエピソードも多いし、おはなしは終始逃げてるだけの逃走劇。ラストもビミョー。「そんなオチでいいのかよ。」みたいな。
【2005/07/20 09:56】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バットマン・ビギンズ
++★★★☆☆++
バットマンは好きなんだが、今回の作品はちょっと大人しすぎる感じかな。もっとオシャレで歌舞いているほうが個人的には好き。まあシュワちゃんとユマ・サーマンのやつはひどかったが(笑)。
バットマンの花形「悪役」に関しても、ちょっと薄かったかな~。もっと濃厚なのが欲しい。
「ビギンズ」ってことで、これがはじまり。今後に期待です。
【2005/07/20 08:58】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。