スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(最終版)
++★★★★★++
監督ジョージ・A・ロメロの名作。
モタモタだらだらしたゾンビ達が殺した人間のモツを貪り食うシーンがすごく不気味。しかしホラー的怖さというよりも、ゾンビ狩りをはじめる人間達の狂気のほうが怖さが際立っていた。
特にラストシーン、ゾンビと間違ちがわれて普通の人間が射殺されてしまう。その後、ゾンビと同じ扱い(カギ爪みたいな道具で死体を運ばれる。)で処理される人間の姿にただただ閉口…。まさに名作です。
スポンサーサイト
【2004/11/29 02:49】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
10億分の1の男
++★★☆☆☆++
映画らしい映画。スペインの新人監督の処女作だが、初監督作品なのにストーリーだけで2時間見せる実力は凄い。
ストーリーの大部分は、他人の運を吸い取ったり運試しゲームをしたりと、運に関するエピソードの繰り返しなのだが発想自体はくだらねえと思った。しかし、淡々と観てしまうストーリーと、単純にキャラ設定を「強運な人達」とせず、他人との関わり合い、人間関係、状況によって「運気」が変わっていく様を複雑に描いていて面白い。ただ素人にはオススメできない。ハリウッド慣れした目にはあまりにも冗長すぎて苦痛だ(笑)。
【2004/11/28 22:02】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドーン・オブ・ザ・デッド(リメイク版)
++★★★★★++
リメイク作のわりには意欲的に作ってあってかなり満足。
細かい心理描写もちゃんと描かれていたし、キャラクターも良かったし。とくに秀逸なのは、ちょっとした人間ドラマが挿入されるとこ。屋上からゾンビを射撃するゲームのエピソードが良かった。つかの間の娯楽を楽しむ、みたいな。もしかしたら人間追い詰められると、その状況を逆に楽しんじゃうところってあるかもしれませんね。でも、ゾンビをぶっ殺して楽しんでるわけだから、それ自体は狂気なわけで。ほかにも、なかなか見させられるエピソードが満載です。
アクションに関しては期待を裏切られません。昔のモタモタゾンビの良さとは違った、現代風のスピード感あふれるゾンビをマグナムでバカスカ撃ちまくります。定番アイテムのチェンソーももちろん出てくるし。
武器屋の店主とデパートの店主(ガンダムのランバラル大佐っぽい奴)がやたらカッコ良かった。前者は狙撃に注目。後者はランバラルよろしくの自爆に注目(笑)
物語の導入部はタランティーノ映画かと思ったほどスタイリッシュ。(笑)
【2004/11/24 04:02】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デイ・アフタートゥモロー、ミステリーツアー
[デイ・アフタートゥモロー]
++★★☆☆☆++
まあフツー。もうちょっとパニック要素あればよかったのに。

[ミステリー・ツアー] 
++ふざけるな++
B級ホラーを期待して借りようと思っている人、断言できます。「借りるな。」。ご丁寧にB級ホラー風予告でだまくらかしてくるところなんかがA級戦犯。最悪の映画。…まあ、それでもレビュー読みたい人は続きをどうぞ↓
続きを読む
【2004/11/23 22:18】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。