スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エドガ祭り。
クリスタル狩りの最中、過疎地であるエドガマップにいったときエドガと遭遇したことから、自分的祭りに突入。接続人数が多いときは無理ですが、明け方ぐらいにはさすがに放置状態、45分かけて指弾のみでエドガ狩りました。
↓写真は、武器破壊食らったためダメージ落ちてますが、属性爪装備で約5600ダメージ。
rag40.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
【2004/12/27 13:28】 | Ragnarok Online | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
年末イベント祭り。
年末はROイベント目白押し。というわけで私もいつもより接続時間を増やしていろいろなイベントを楽しみました。

その1.アニバーサリーイベント
rag33.jpg

続きを読む
【2004/12/25 04:17】 | Ragnarok Online | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アメリカン・ナイトメア
++★★★★★++
アメリカという国とホラー映画の関係性や、その本質に迫ったドキュメンタリー作品。ジョージ・A・ロメロ、トビー・フーパー、 トム・サヴィーニの話が特に面白い。「ベトナム戦争とホラー映画」のくだりや「若者の時代の反映」あたりの話は、「ホラー=有害」なんて考えてる方々には是非観ていただきたい。
【2004/12/19 06:45】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
閉ざされた森
++★★☆☆☆++
話は良く作りこまれてますが、別に映画で見るほどのシナリオではないかと。ウィットの利いた海外版の火スペ。相変わらずトラボルタは、ウィンクやら歯鳴らしやら気持ち悪い演技をしている。自分の歳と顔かんがえろ。…まあ、そこが良いところなんだが(笑)。
【2004/12/13 22:48】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イノセンス
++★★★★★++
劇場版を見に行こう見に行こう思っていたが、結局忙しかったので見られず終いになっていたものをいまさらながらに見た。3DCGアニメーション映像もカジッてる自分にとって、やっぱ見てよかった。普段目にするCG表現とは違った、まさにCGアニメというにふさわしい独特の映像表現の世界を作り上げてしまっている大変な一作。CG絵師の方々、もらってる給料の割に合わないんじゃないか、と思われるほど作りこまれたディティールとリアリティー。これだけで★5つ文句なし!

ただ…実は私、近未来モノとかメカモノ(ガンダム系ではなく、人造人間とか大量のケーブルとか電脳とか出てくるマニアック系)って苦手で、攻殻機動隊は見たことすらなかったんですが、イノセンスのおかげで多少興味は持ったかな。ただどうも押井守は好きになれん。キザッたらしくて鼻につくし、聖書・哲学・神話などからの引用がしつこすぎる(笑)この話も結局、

①人間とアンドロイドの差が段々と無くなってきてる世界のなかで、人間が人間であることの実感やアイデンティティーが保てなくなってくること。
②もともと生物としての人間という存在自体は、自我を持たない人形のような形(赤ちゃん・幼児)で生まれてくるのだから、人間と人形の差などはじめから無いのではないか?
③肉体と魂(命)の関係性。

みたいな禅問答をひたすら繰り返す話でしょう?まあそれがテツガクってものだし、言ってる意味はわかるんだけれども、なんだかアニメで表現する必要は無いような気もするし、あってもいいかもしれん。ただほんといろんな意味でキザかった…。
それに、別に私達、脳を機械化したメガロノイドでもなんでもないただの人間なんで、私達は人間か?機械か?命とは?なんてこと語られても、全然ひとごとなんで、まったくリアリティーを感じないんですが。っていうかね、悩むんならはじめから電脳化なんてしなければいいじゃん。
…押井守の信者さんは多いので、滅多なこというと後が怖いですが。
【2004/12/06 03:11】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロスト・イン・トランスレーション 
++★★★★☆++
コッポラの娘とは思えないほどあっさりとしたフランクな映画。ところどころ笑いもあるが淡々と観れてしまう。
この物語の本筋と舞台である日本とは直接には関係していないし、変におもねって日本文化を掘り下げて演出してないところが、さらにこの映画のあっさりさを際立たせている感じ。ほんとに”さらっ”と撮っている。(良い意味で)またその逆に脚本に関しては、若手の映画監督にありがちな、男女=恋愛 出会い→即セックス な短絡的なシナリオじゃないし、かなり繊細に作られている感じがする。互いに結婚している者同士の葛藤も丁寧に描かれていたし。
主役のスカーレット・ヨハンソンは、ブシェーミ映画を観まくってたとき以来(ゴーストワールド)だが、やっぱ可愛い。
とにかく気楽に観られる一本である。ただし、この映画観てて我がことながらホントにゲーマーって香ばしい。とオモタよ(*´Д`)。それに、エレベーター内の謎な沈黙とか、電車内でエロ本読んでる奴とか脂汗が・・・。これでイベント帰りの一個大隊とか、メッセサンオー周辺の惨状が映し出されてたら、ホント地獄絵図でしたね…。
あとマシュー、マジかんべん。
【2004/12/04 04:30】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。