スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
対呉デッキダイヤ2。
san_t20.jpg

ついにやりました。達成レシピは
○SR張遼
○SRホウ徳
○UC曹仁
○R楽進
○C陳宮
「苦手なデッキを作らない」をテーマに1枠に陳宮を採用した型でなんとか覇王クラス討伐成功。
すばらしいクリスマスプレゼントとなったわけですが、勝率的には常に68以上をキープしていたのでいつ征覇王になってもおかしくなかっただけに、正直なところいままでに浪費してきた金額を考えると素直に喜べなかったりもします(笑)
もう覇王クラスに落ちたくはないですが、動揺して落ちるんだろうなあきっと。1敗すると陰2が基本になるので、実質6勝3敗。厳しい条件ではないですがたぶん頭の中が真っ白になって…(笑)。

さてそれでは自分のことはこのぐらいにしておいて予告しておいた対呉軍デッキダイヤでも書いてみましょうかね。
[ 神速:呉軍 ]--------------------------
○天啓デッキ [ 4 : 6 ]
R孫堅( 7/6 ) 天啓の幻
R周瑜( 6/9 ) 赤壁の業火
SR呉夫人( 1/8 ) 賢母の助け
UC韓当( 3/3 ) 強化戦法
C潘璋( 3/5 ) 強化戦法
UC孫桓( 3/6 ) 火計

普通、呉バラや天啓デッキといえば5枚デッキのことを指しますが、最近は6枚天啓が出てきたようなのでこちらを参考に。ちなみに戦うときの基本は5枚も6枚も変わりません。デスコンボ賢母→天啓がありますが、こちらには神速の機動力があるので、まずこれを食らう状況にはならないでしょう。
孫桓・周瑜は計略がかぶるものの、基本性能の高さを買って両方採用されているのは良く見るパターン。この場合は槍兵が2枚になり、離間は通用しない(呉夫人)・刹那は焼かれる・神速は事故率が増す。
しかしこのデッキは、極端な堅さの槍兵がいるわけでもなく、高武力の弓兵・騎馬がいるわけでもないので、決して相性が悪いわけではありません。地形が悪くないのなら開幕端攻めで突っ込むのが常套手段。嫌な感じで伏兵踏んでしまうと逆に開幕終了しますが、少なくとも孫堅を撤退させるないし城に押し返すことができれば開幕の時間稼ぎが出来ます。士気7溜まるまで時間稼ぎができたのなら神速勝負まで持ち込めるので、そこからは騎馬テクニックの問題になってきます。

また自分のスタイルに合わせて兵法を選べるのもこのデッキを相手にするときの特徴。当然「神速攻勢」「再起」の2択になりますが、それぞれ戦い方は違ってきます。
まず兵法「再起」を選んだ場合。兵法再起の場合、深い位置で天啓を撃たれた場合に詰むので、常に先撃ち神速号令でプレッシャーをかけていく必要があります。また「わざと火計を撃たせるように仕向ける」ことで、再起の法を消化し時間稼ぎ・相手の士気を浪費させることも戦略の一つとして使えます。神速を使える状態にない時は、ゲリラ戦法で常に攻め続けて、相手に再起の法を使わせない(型に入らせない)うちにタイムオーバーで勝つのが理想ですね。
次に兵法「神速攻勢」の場合。この場合の注意点は当然ですが「周瑜には細心の注意を払う」この一言に尽きます。不用意な状態で火計を食らうミスは許されません。また天啓に関しては、槍兵さえ事前に処理してしまえば、ある程度深い位置で使われたとしても、神速号令ないし神速攻勢で対処可能なのでその点が兵法「再起」の場合とは違いますね。兵法再起の場合も天啓に対しては神速号令で対処可能ですが、いつでも神速が撃てる十分な士気状態にあるとは限らないので、無条件で使える神速攻勢の存在はやはり大きいです。また、めんどくさい場合は開幕神速攻勢も十分アリでしょう。

再起・神速問わず、肝心の「焼かれないテクニック」に関してですが、「ビタ止め神速で最速で槍兵と孫堅を潰し、なおかつ火計を食らわないように部隊バラバラにして混乱させる」と、まったく矛盾するような神速テクニックを駆使しなくてはなりません。詳しく説明すると、張遼と楽進を槍兵に突っ込ませて賈クで突撃、ホウ徳・曹仁は焼かれないようにバラバラに行動。具体的には孫堅に突撃、孫堅を殺すのが無理なようなら攻城、もしくは焼かれないように自城に帰る。こんなところです。最終的には相手の焼きミス頼みなんですが(笑)。ちなみに楽進の代わりに賈クで槍兵に蓋をするのはやめたほうがいいでしょう。迎撃+乱戦で賈ク即死します(笑)。

余談ですが、この前このデッキ相手(地形最悪)で、柵を縦に張る相手に当たり開幕詰んだ覚えがあります。開幕神速攻勢を読まれていたんでしょうかね。だとしたらたいした手ダレだと思います。
だって、戦場の中央に縦に張った柵・前方に槍2枚。こんなガッチガチの布陣組まれたら開幕神速撃てるわけないじゃないですか(笑)。

[ 神速:呉軍 ]--------------------------
○屍・名君デッキ [ 3 : 7 ]
SR孫堅( 8/7 ) 我が屍を越えよ
R孫権( 5/6 ) 若き王の手腕
UC韓当( 3/3 ) 強化戦法
UC孫桓( 3/6 ) 火計
C潘璋( 3/5 ) 強化戦法
C呉景( 3/5 ) 遠弓麻痺矢戦法

相手の士気効率は隙なきデッキ並みに高速回転。戦場では常に号令使われると考えたほうがいい。開幕も、もたもたしてると刹那にすら屍を合わせられて負けるというありえない士気効率の差。また裏の選択肢として若き王の手腕もあるので、部隊をバラバラにされると離間も厳しく、かといって鬼のように堅い孫堅がいる+英傑号令のせいでまず神速号令では勝てません。っていうかそれ以前に槍3本入ってます(笑)
このデッキに勝つためには、ワンチャンスで落城近くまで城ゲージを奪っておくことが重要になってきます。なぜなら相手は1試合中、3回は確実に号令を絡めた攻勢を仕掛けてくるので、そのすべてに対処することは不可能だからです。特にラスト10カウント前後で、こちらの士気が乏しい状態で最後の号令勝負に打って出てこられるパターンが非常に多いので、つまりそういった場合には城ゲージ狙いのチキンレースを仕掛けるほかにないのです。
具体的には開幕神速攻勢や刹那でゴリ押して城ゲージを大幅に奪い、あとは水計や刹那連発で耐える感じかな。若き王の手腕は使われた場合、速攻で逃げないと張遼やホウ徳がモリモリ死んでいきます。その場合、相手の士気次第では張り付かれてからコンボで我が屍も飛んでくる可能性がありますが、そうなったら諦めましょう(笑)。正直、水計ないとキツイかもしれませんね。
兵法に関しても有効なモノは見当たりません。せいぜい開幕使用するための神速攻勢か、時間稼ぎの連環の法ぐらい。城ゲージを奪われて相手に体勢を整えられると逆転は困難なので(というか攻城すること自体が困難)再起の法はまったく意味ありません。

[ 神速:呉軍 ]--------------------------
○麻痺矢デッキ [ 5 : 5 ]
SR呂蒙( 8/9 ) 麻痺矢の大号令
R太史慈( 8/4 ) 天衣無縫
UC程普( 5/5 )若き王の手腕
UC韓当( 3/3 ) 強化戦法
UC孫桓( 3/6 ) 火計

まずはじめに、神速号令で麻痺矢号令にまともに突っ込んだら絶対負ける。コレ定説。乱戦しても武力差で負けますし、計略の持続時間も神速より150%も長いので無理です。勝てるとしたら、麻痺矢側がビビッて城に帰ろうとカードを動かしたときぐらいでしょうね。とにかくガチンコでぶつかり合ったら神速側が終わります。
とにかく麻痺矢に対しては「開幕なんとか攻城」「城ゲージはある程度捨てる」この2点が重要でしょうね。まあ地形が腐ってると前者はどうしようもないですが。
麻痺矢の特性として「移動したら単なる武力+4」がありますが、これは攻城の際に非常にネックになります。麻痺矢側としては全員でバンザイ攻城にいきたいところですが、麻痺矢マウントの特性上、どれか一部隊を城門へ攻城させにいくぐらいしかできませんので、天啓などと違って一発落城の心配はありません。
神速側の対応としてはこれに過剰に反応しないこと。ある程度の城ゲージは捨てたほうがいいです。なぜなら攻城を阻止しようと城からカードを出した瞬間、張遼クラスが一瞬で溶けるような弓ダメージを食らうからです。主力が抜ければその後のカウンターが難しくなり、あとは呂蒙の思う壺。
おとなしく計略が終わるまで待ったほうが利口です。そのあとの神速カウンターで一方的に虐○できるんですから(笑)
ただしここで問題がひとつあります。それはこちらから攻城することも困難ということ。相手に十分準備された状態で、さらに「一切ビビらず」麻痺矢号令+連環の法(呉軍攻勢)で守りに入られた場合は、神速号令+神速攻勢+特攻戦法を重ねても攻城1発が限界です(笑)。つまり、引き分けの可能性も出てくるということですね。向こうも容易に攻められないし、こちらからも容易に攻められない。しかもチャンスは1回。よって5分5分相性としました。

とりあえずいまはこんなとこですかね。
またなんか思いついたら載せたいと思います。

--------------------------
おまけ。超苦手デッキ相性。そのうち詳細書いて載せます↓
[ 神速:呉軍 ]--------------------------
○6枚大徳デッキ [ 0 : 10 ]
LE劉備( 6/7 ) 劉備の大徳
UC張飛( 8/3 ) 大車輪戦法
R関銀屏( 3/5 ) 若き血の目覚め
UC姜維( 4/4 ) 質実剛健
C趙累( 3/6 ) 忠義の援兵
C廖化( 3/4 ) 奮激戦法
開幕の魏軍攻勢+刹那を素の槍撃で潰されました。
本当にありがとうございました。

[ 神速:呉軍 ]--------------------------
○八卦4枚 [ 2 : 8 ]
LE諸葛亮( 3/10 ) 八卦の陣法
SR趙雲( 8/8 ) 神速戦法
R姜維( 7/7 ) 挑発
UC張飛( 8/3 ) 大車輪戦法
これも定番。賈ク先生が答えるボタン早押しクイズが待っている。

[ 神速:呉軍 ]--------------------------
○隙なき栄光 [ 1 : 9 ]
R袁紹( 5/5 ) 栄光の大号令
R田豊( 4/9 ) 隙無き攻勢
R顔良( 8/3 ) 先陣の誉れ
UC張コウ( 6/5 ) 一番槍
UC劉備( 5/5 ) 迅速な転進
浄化入りは[ 0 : 10 ]。水計必須。
客将劉備がいなければ物の数ではないが…。
なにか張遼に恨みでもあるのだろうか。
スポンサーサイト
【2006/12/26 19:53】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<あるかなはーと。 | ホーム | 対呉、デッキダイヤ。>>
コメント
はじめまして。
低州呉単使いの冬桜と申します。
三国志大戦のブログをうろうろしていて
たどり着きました。

対呉の考察ためになります。
私は逆に神速デッキが苦手なので
神速使いの方からの視点がとても新鮮です。

覇王の方ということなので,
色々と戦略眼,テクニック等参考にさせていただきますねm(_)m
【2006/12/27 12:51】 URL | 冬桜 #-[ 編集] | page top↑
はじめまして、よろしくお願いします。

自分は呉単はいじったことはありませんが、個人的に嫌な攻められ方はまず開幕の天啓(屍・手腕・麻痺矢)ぶっ放しですかね。神速には魅力持ちがいないので、開幕槍兵+孫堅の突撃で城前をウロウロ→士気溜まったら天啓。コレされると厳しいです。
また、開幕に天啓で城ゲージを奪ったあと再起で仕切りなおしますよね。そのあと神速側はひたすら神速号令で突っ込んでくると思いますが、ここで慌てず、とにかくホウ徳を火計で狙い撃ち(←ここ重要)されると本当厳しいです。
また神速が来そうな場面では、槍兵は常に早め早めに城から出しておく(多少兵力減っていても気にしない)。これは嫌です。槍が2本あるならば、あらかじめ左右に槍兵を置いとくだけで大概の相手は勝手に自滅してくれると思います(笑)。
【2006/12/27 20:17】 URL | うっかり #-[ 編集] | page top↑
はじめまして!
覇者で神速を使ってるものですm(__)m
初カキコ失礼します。

この度は征覇王昇格おめでとうございます!
2ヶ月ほど前にこのブログを発見してからずっと更新を楽しみにしていました。
対策とかはとても参考になります!

一つ質問があるのですが、うっかりさんはRではなくUC曹仁を使ってらっしゃるのにはなんか理由があるのでしょうか??
個人的には、R曹仁のほうが知力も高いし刹那もあるので対応力が上がるような気がするのですが、うっかりさんは何か意図してUCのほうを使っていらっしゃるんですか?

それでは、これからも更新楽しみにしてます!!

【2006/12/27 22:53】 URL | すくりゅー #-[ 編集] | page top↑
はじめましてうっかりです。
遅筆ながら細々更新しております(笑)
よろしくお願いします。

>RではなくUC曹仁。
そうですね…個人的にはRよりもUCのほうが便利に感じるんですが、まあ理由はいくつかあります。
そのひとつは「落城・殲滅しにくい(士気が無駄になりやすい)」ことですかね。
…くわしく説明しますね。
みなさんはまず、刹那号令の効果的な用途を考えた場合、はじめに号令の火力アップを思いつきますよね。例えば英傑号令や隙なき攻勢に上乗せして、相手を押し潰す感じで使用しますが、これは当然、相手の落城または殲滅の採算が取れるから号令+刹那分の士気をペイするわけですね。けれどもそれが神速の場合はどうでしょうか。
「落城」を考えた場合、まず騎馬単の性質上、一回の攻勢で落城まで持っていく攻城力はとてもじゃないけどありませんね。神速+刹那を重ねたところで、相手にある程度の城ゲージは捨てる態度をとられた場合、士気は無駄になります。確かに最後の数カウントで無理やり攻城に行く場合には威力を発揮しますが、そのために武力6→5は微妙な気がします。
また攻城に関しては「神速号令→特攻戦法」のほうが強いこともあります。
「殲滅」を考えた場合も「車輪」。この一言ですべて片がついてしまいます。槍兵に対して神速+刹那を使ったところで車輪で終了しますよね。城に張り付かせて神速+刹那も考えられなくはないですが、確実に相手の号令の持続時間のほうが永いので結局は潰されてしまいます。特に相手のデッキに高武力の騎馬が2枚入ってる場合、号令マウントを取れると武力に関係なく潰されます。相手を殲滅するつもりの神速+刹那が逆に一方的に殲滅させられちゃうなんて笑えません。ていうか単純に離間でいいですよね。
単発刹那で考えてみても、「槍×2・騎馬×2」の組み合わせや「槍×5・騎馬×1」の組み合わせを押し返すだけの力はありません。逆に手痛いカウンターを食らって無条件で再起を撃たされることでしょう(笑)。場合によっては刹那で乱戦するよりは単発の神速戦法で城内突撃するほうが強いときもあります。

ついでに付け加えると、私の場合、戦場の中央で神速で勝負をする場合、神速→刹那よりも神速単発で突撃しにいくほうが殲滅力があがるんですよ。刹那重ねがけという余計な動作を加えると逆に手数が忙しくなって失敗しやすい。神速は刹那重ねなくても十分破壊力がありますので、そういった意味でもR曹仁は最近では使う機会が減りましたね。

…というわけで個人的な勝手な見解を述べてきたわけですが、基本的には個人のスタイルで選ぶべきだと思いますよ。自分の場合はどうも刹那号令で城を守るのが苦手で、毎回刹那を撃つのが一歩遅れるので、兵力瀕死→刹那みたいなことをやっちゃうんですよね。どっちかというと乱戦しないで城内突撃で守るほうが得意なので、UC曹仁の神速戦法のほうが手になじみます。人によっては刹那で守るのがものすごく上手い人もいますし、実際刹那号令で劉備の大徳などを耐え切ることも可能かもしれません(たぶん)。

「理屈じゃなく実際に何度も使ってみて手に馴染むほうを選ぶ」
ことが大切かと思います(笑)。
【2006/12/29 07:47】 URL | うっかり #f.l8Lm8Q[ 編集] | page top↑
長々と返信していただいて嬉しい限りです。
うっかりさんがどのように考えてるのかがよく伝わりました。
参考にさせていただきます!
現在は、SR張遼 SRホウ徳 R曹仁 R楽進 C陳宮で出陣することが多いのですが、あまり刹那がうまく使えてない場面があったりして士気の無駄使いになっている気がするので、UC曹仁も使っていこうと思います。なにより、UC曹仁のほうがかっこいいですし!
私はまだ実戦経験が少ないので色々と使い込んでみて自分の方向性を決めていきたいと思います。アドバイスありがとうございます。

また何か疑問があったときは質問させていただくかもしれませんが、その時はよろしくお願いしますm(__)m

影ながら応援しているのでこれからもマイペースにがんばってください^^
【2006/12/29 23:22】 URL | すくりゅー #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ukkari0505.blog27.fc2.com/tb.php/105-b0b59b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。