スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
西涼軍、カード評価。
最近は、張遼・華雄・呂姫・楽進・賈詡(馬休&馬鉄)で安定。
西涼の小出しに使える計略を駆使しながら、神速大号令で一気に決める。そんな戦い方してます。

さて、西涼軍のカード性能のだんだんバレてきたので(笑)、ここでひとつレビューをば。
・董卓 
暴虐なる覇道は弱くは無い。
ただリスクに見合うリターンが返ってこないような状況が非常に多い。しかも欠点が多い。
まずこの計略は序盤以外あまり使えないことがひとつ。中盤以降になってしまうと相手も士気が溜まっているので、普通に後方指揮×2や英傑号令で軽く凌がれてしまうことが多い。さらに余計なのが神速効果で、最悪、後方指揮1回掛けの典韋や、意地を張った周泰あたりに迎撃を食らって、ワイパーでゴリゴリ削られ、こちらは城ゲージ大量消費で全滅なんていう状況になることが少なくない。また肝心の序盤攻めでも、高武力が伏兵を踏んだり相手の兵法が連環だったりするともう苦しい。(ただし後者は、相手に兵法を使わせたという部分でまだ攻めて手はある。)西涼単でデッキを組む以外にあまり使う利点は無いだろう。

・SR呂布
計略は相手が初見以外は、まず避けられるか迎撃されるかで軽く対応されてしまう。攻城支援と自城防衛においては強力だが、そのためにコスト3払う価値があるかは微妙。まあ西涼には火計持ちがいないので、超劣化火計として使うべきか。それにしても、SR周瑜と比べるとなんとも悲しくなるような扱いづらさである。

・馬超
肝心の突撃ボーナスも神速大号令と比べた場合、武力上昇分を含めた神速大号令の突撃ダメージと、全軍突撃の突撃ボーナスを含めた突撃ダメージがあんま変わらないのがSSQ。効果時間も短いし。私がはじめて全軍突撃で相手に突撃したとき「ハア???減らねえ~~!!」が第一印象でした(相手は弓兵)。イメージでは全軍突撃中の馬超が止まった呂布に突撃した場合、一瞬で呂布がバターのように溶ける。ぐらいのイメージだったんですが…。ていうかあの効果時間と、武力上昇値ではそのぐらいやっても良かったはずなのでは?けっきょく槍に弱いし、神速で潜られたりしたら突撃ダメージも活かせないし。ロマンすら感じられない計略。

・華雄
西涼軍のトップカード。士気3で武力18はさまざまな場面で戦略的に使っていける楽しさがある。開幕悪鬼、許褚イク潰しの悪鬼、危機的状況での悪鬼、死ぬ間際の悪鬼。呂布コンボとも相性がいい。いかにして城ゲージを回収するかが最大の課題だが、城ゲージ減少量は21%ほどらしいのでギリギリ許容範囲。基本性能は語るまでもなし。

・張遼
やはり基本スペックが微妙。使用感は魏の徐晃に酷似。
人馬一体も思いのほか槍に対する対抗策にはならないのが悲しい。相手に2本以上槍がいる場合対応はほぼ無理。むしろ人馬一体は神速戦法と同じ使い方をするべきなんだが、神速戦法自体、完成された騎兵デッキのなかでしか機能しない計略なので、コマ不足の西涼のなかにあってはやはり微妙。でも西涼にはこれぐらいしか使える計略が無いので、使っていくしかないんだが…。

・呂姫
個人的には西涼のなかでは華雄の次に使えるカード。消費士気6で武力15の神速戦法は微妙とかよく言われるが、ノーリスクで使えるうえに危機的な状況で強力な城防衛能力を発揮するのは頼もしい。なんだかんだいって武力15の神速は場を決定付ける計略である。
まあ他の軍には強すぎるカードがあふれかえっているのでいまいち目立たないのかもしれないが、コマ不足の西涼においてはたいへん貴重。死なないR孫策と考えればよい。

・賈詡
普通に後方指揮のほうが強かったという罠。現状、西涼軍のなかにあって最も使う機会の少ない計略(相手がアホでない限り。またカクカクトは例外。)。相手に計略を使わせるほどの強力な布石となる計略が西涼に不在なのも賈詡が西涼軍と相性が悪いのを物語っている。しかしプレイング次第では十分強力な計略になりうるカードなので、最終的にはプレイヤーの知略と理詰めの攻めが問われる。まあ、「そこまで苦労して戦わないでも、後方指揮で安定じゃん。」っていう安易な考えが現バージョンの風潮ですがね。

・韓遂
西涼軍の上位クラスカード。城ゲージ消費が嫌な人は、こちらの反逆の狼煙で相手に斬り込んでいくことになる。計略の性質上、安定感はまったくありませんが…。勇猛が無いのもつらい。

・馬騰
スペックは文句なし。西涼のなかでは使える計略。他の軍と戦う場合はネタの域を出ませんがね。それでも暴虐→指揮とか地味に強い。

・王異
ちょっとの城ゲージの差が勝負を分ける試合が多かった旧バージョン以前の世界においては最強の壊れカードだったかもしれない。しかし、爆発力のある槍兵全盛の現バージョンにおいては、大差のリードや落城で決着がつく大味な試合が上位品クラスで増えてしまったので、このカードの存在意義はいまのところ無いと思われる。





スポンサーサイト
【2005/12/03 19:03】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<念願の覇王即位~地獄のランカー連戦。 | ホーム | 祝、千葉ランキング復帰。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ukkari0505.blog27.fc2.com/tb.php/62-b57b8734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。