スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ヴァン・ヘルシング
++★★★★☆++
注目すべきは、ヒロイン役のケイト・ベッキンセール。アンダーワールドから注目していた女優ですが美人ですな。
セレンディ・ピティ、パールハーバー等で主演を張っていたらしいが全然印象にねえ。恋愛・青春系はイマイチなのかも。コッポラの「月下の恋」なんかの主演で抜擢されてるぐらいだから、もともとオカルト映画出身。デップと同じくホラーで映える役者なのかもしれませんね。しかし調べてみるとこの人、オックスフォード大学の文学部卒のインテリなんですよ。同じオカルト出身でも、高校中退&放浪生活のデップと比べてえらい違いですな。その差が「月下の恋」 「エルム街の悪夢」の差だとは思うんですが(笑)。
それはさておき、ヴァン・ヘルシング。「ヴァンパイア」「狼男」「フランケンシュタイン」「ルーマニア」「アブサン(酒)」等、退廃的でゴシック~な単語がモリモリ出てきます。でもやってることは、水木しげるの妖怪大決戦なんですよね(笑)。ドラキュラ伯爵は妙にニヤけてるし、フランケンの頭のファンが変にサイバーだし、ウルフマンは無駄にデカイし。でもそこがいいの(笑)。西洋の化け物ならではのアクションは、天地がひっくり返っても日本じゃ作れませんよね。だって、幽霊×幽霊じゃ絵にならないもん。第一スピード感が無い(笑)。ストーリー的には、謎が残りすぎました。次回作でも狙っているのでしょうか?
スポンサーサイト
【2004/09/06 19:33】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<精錬の神降臨 | ホーム | 世界の中心で箱を開ける。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ukkari0505.blog27.fc2.com/tb.php/8-d84132b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。