スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
最近の神速。
征覇王になるためには勝率68~75%をコンスタントに維持することが必要なんですが、私がプレイし続けてきたなかで純正神速・刹那神速では無理という結論に達しました。マッチング運に恵まれる日は勝率67%程度まではいけるんですけど、八卦・賢母天啓・6枚大徳・攻守自在・柵5枚傾国・隙無き栄光などに当たりまくる日は勝率55%程度まで落ちてしまいます。ただでさえ征覇王になれば、覇王相手に青玉2個ですから、状況に左右されるデッキでは到底上は目指せません。特に蜀・八卦・袁使いのランカーの方にはいままで勝てたためしがありません。
このままではいけないという訳でここ最近は、「不利なデッキを作らない」というテーマを据えてデッキ改造に勤しんできました。弱点を補い補い、さまざまなカードを試しています。本日は、そんな私の「神速デッキ研究」ちょっと紹介してみたいとおもいます。
まず神速の致命的弱点とは何か。
1、魅力持ちがいないので、開幕に先制攻撃を食らってしまう。
2、相手の全体強化のゴリ押しを止める手段に乏しい。
3、逆転が難しい。
以上の3点が神速デッキを扱う上で最もネックになっている点だと思います。この点を踏まえて、まずは現在最も主流であろう刹那神速のことを考えてみましょう。

刹那神速はまず、「1、開幕の弱さ」を補えています。神速から刹那へのつなぎを考えると「3、逆転性に乏しい」もある程度はクリアしているかもしれません。しかし「2、相手の全体強化のゴリ押しを止める手段に乏しい」はどうでしょうか?

例えばまず苦手として考えられるデッキが「6枚大徳デッキ」
サンプルデッキを「SR劉備・UC張飛・R関銀塀・C趙累・C夏候月姫・C廖化」とします。
開幕はまあなんとか刹那で耐えることが可能でしょう。しかし士気6溜まった時点ではどうでしょう。相手は全部隊に大徳を使い、目の前には
「武力13・武力11・武力8・武力8・武力8・武力7」が迫ってきます。
仮に張飛・趙累・廖化に離間を使ったとしても、まだ
「武力11・武力9・武力8・武力7武力4・武力4」で、普通に考えたら押し潰されます。
もうひとつ考えられるのが刹那号令2回ですが、刹那号令の持続時間は3Cなので3C×2で6C。
比べて大徳は単発で8.5C。カウントで負けてしまいますし、槍撃も食らっているからこれは無理。
相手の兵法も怖いですね。ただ唯一の対策としては、多少の城ゲージは捨てて片翼に離間をかけつつ全部隊で離間をかけた部隊のみを殲滅するという方法で何とかならないでも無いです。その点を考えると、まだ戦える相手かもしれません。

次に八卦4枚デッキ。
サンプルを「SR趙雲・UC張飛・R姜維・LE諸葛亮」とします。
このデッキは単純に離間が通じません。趙雲がいるので開幕の刹那も効果が薄く、車輪・挑発とツボを押さえています。それでも離間で何とかするしかないんですが、相手は車輪をからめた兵法を選んでることが多く基本的にはなにやっても負けます。
八卦1人掛け→車輪→詰み、八卦2人掛け→車輪(挑発)→詰み、八卦3人掛け→兵法車輪→神速戦法→詰み。なんでもありです。
単純に武力勝ちできる求心ならばまだ勝てるかもしれませんが神速の相性は9:1、よくて8:2だと思います。

次に賢母天啓。
サンプルを「R孫堅・R周瑜・R周泰・SR呉夫人・UC孫桓」とします。
まず柵×2・伏兵・槍・騎馬・弓で、開幕攻められません。かといって待っていれば、相手は魅力×3なので、こちらが士気5.5の時点で天啓か火計が飛んできます。士気的に神速は無理で、火計あるので刹那も無理。こちらができることといえば神速攻勢ぶっぱなしか、かなり深く攻め込まれた時点での離間ぐらいです。
離間・兵法ぶっぱなしはいいのですが、問題は相手に兵法・計略使わずに守りきられてしまうこと。
開幕の数カウントしか経っていない時間帯で、こちらは士気(兵法)使用。相手は兵法ないし士気が丸々残っている。という状況を無理やり作らされてしまいます。
最後は賢母からの天啓ないし火計でジ・エンド。
神速にとってかなりきつい相手でしょう。まあ開幕なんとか孫堅を撤退させて時間を稼ぐ戦い方もあるので、7:3とまではいかずとも6.5:3.5相性ですね。

最後に袁単。
サンプルは「R顔良・R袁紹・R田豊・UC張コウ・UC劉備」。
このデッキには離間が有効ですが、転進があるのでまず伏兵を劉備に当ててから乱戦→撤退させて離間。これが決まらなかったらほぼ負け決定ですね。神速→刹那→神速攻勢で一気に押し込むのもひとつの手ですが、相手の兵法が車輪だった時点でこれまた終了。あとは離間×2ぐらいですが、常に武力+3でしかも士気の溜まるスピードが倍近く早い相手に士気12溜めるプレイングができるかどうか疑問。ちなみに甄洛入りは詰みです。

さて、ではこの弱点をすべて補う形でデッキを考えていかなくてはなりません。

私が最近使っていて「行けそうだな」と思っているデッキは
「SR張遼・SR関羽・R楽進・C曹昂・C陳宮」です。
はい、見ていて痛々しいです(笑)別に神速じゃなくてもなデッキです(笑)。
傾国デッキや槍5枚・袁単がもっと流行ってなかったら、開幕安定するように陳宮の代わりに賈クでもいいんですが、正直、陳宮いないともう無理ですね(笑)。関羽いるので、袁単や賢母天啓に強いですし、水計あるので蜀系デッキとも戦えます。陳宮は知力が微妙なので、流すまでに相手の兵力を減らさなければいけないので、ほとんど騎兵を歩兵みたいな運用の仕方してますが、まあ強いです。それでも八卦なんかはキツイんですが、先出しでガンガン流して、あとは殿馬と鬼神でゴマカシながら防衛。神速使う機会はありません(笑)
賈クがいないので開幕ちょっと弱いのが難点。殿馬か鬼神で何とかするしかないです。
個人的には賈クでもいいかと思うんですが、ぱちろ~さんの魏4と同じコンセプトになっちゃいそうなのでとりあえず陳宮で(笑)。





スポンサーサイト
【2006/11/05 23:29】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<相変わらずの運の悪さ。 | ホーム | プリンセスオブペルシャ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ukkari0505.blog27.fc2.com/tb.php/99-8f0d9fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。