スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
デッキ考察。
いやあ~、最近びっくりするほどデッキが決まりません!(笑)

まず軍師カード。魏はどこぞのお手軽勢力みたいに「軍師は法正安定」みたいな定説が無いので、かなり迷ってます。
まずレベル18近くまで育てた司馬懿なんですけど、いまさらといってはなんですがかなり微妙ですねコイツ。なぜかというと、とにかく大前提として再起が無いのが辛いです。本来有利であるべき呉バラ相手にも火計の事故等で終了する試合が多くなりますし、落雷とかでも終了します。肝心の陣略も、相手に読まれちゃうと守りにはほとんど使えず、また範囲内で発動したところで逃げられちゃうパターンも多いです。つまり攻めにしか使えません。相手デッキに強力な妨害計持ちがいた場合、攻めにすら使えませんしね。それに騎馬の攻城力では、一気呵成で攻めていってもまず落城できません。
また、ほぼ同じ理由で軍師ジュンユウの使い勝手も厳しいです。
次に郭嘉とジュンイク。この2人もかなり微妙です。再起が使える分、司馬懿よりもまだ安定してはいるんですが、陣略が微妙。まずその効果範囲が厳しい。画面4分の1程度の範囲では神速号令の性能を活かしきれません。
特に大徳相手では、陣略の範囲外の左端から進行してくる張飛、右端から進行してくる魏延を止められる気がしません(笑)。
あとジュンイクに関しては、陣略ゲージの上昇速度の遅さが割と致命的。
最後に陳グン。再起が使えて陣略も広く、ゲージ上昇も早いですが、なにぶん決定力は…。まあ知力上昇からくる神速号令の延長と、弱体化の小計の妨害時間の延長、ダメ計耐性、それに常に武力+1で戦えるところは大きいですけどね。
おそらく、安定を求めるのならが陳グンかと思います。



つぎに武将カードの構成。これも悩みの種です。
据え置きは
●張遼・楽進・郭皇后
となります。
流動的なのは2コスと1.5コス構成で、現状、個人的には
●UC夏候惇・UC曹仁ペア
●UC徐晃・C周旨ペア
この2パターンしかないと思ってます。どちらのデッキが強いかは、まだ確立していない…。

まず前者ですが、雲散の睨みの存在により呂布ワラ・陥陣営相手にはほぼ勝てます。機略も行けるでしょう。雲散+弱体化+陣略のタイミングによっては、大徳デッキも頑張ればさばけると思います。
しかし爆発力がありません。まともに使える単体強化が曹仁しかいないので、どうしても相手のキーカードを潰しに行きたいとき(火計・チョロ・徐庶・舞い系など)に苦労するかもしれません。
また勇猛・魅力は大きいものの、夏候惇の素武力7も地味に痛いところ。

つぎに後者。周旨の防護戦法があるので、雲散ほどの使い勝手ではないものの呂布ワラや陥陣営・機略デッキ相手にある程度対抗できます。それに徐晃の神速戦法は神速号令や陣略とあわせることにより、超絶強化並みに強くなるので、騎馬操作のテクニック次第で八卦デッキや機略デッキなどとガチンコで対抗できる可能性もあります。
また総武力が高いので神速号令の爆発力や生存率が上がります。陣略や弱体化・神速戦法と併せることによって大徳と素の乱戦で対抗できるでしょう。反面、知力面に不安が残るので開幕は辛いかもしれません。ノーセンスの徐晃が一騎討ちで落ちるのも怖いところでしょう。

後者が前者に比べて唯一有利な点は、徐晃の神速戦法に尽きます。陣略なしで使っても武力11が6.5C~7Cほどと十分暴れられますし、号令のぶつかり合い勝負でも、神速号令+陣略に上乗せすることによって最大武力15~16まで上がります。前バージョンに比べ、突撃ダメージが通りやすい環境ですから破壊力は増します。

まあどちらのデッキも一長一短ですね。
【2008/01/03 12:56】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
トン。
もうちょっとで移住先のブログが完成します。うっかりですこんばんは。

今日の話題は、最近巷で噂になってるスコップ夏候惇のことです。わたしもやっと引けたので使ってみたんですが……確かにこのカード強いですね。
効果範囲は狭すぎず広すぎずで微妙な感じですけど、機略相手に無理すれば2人入れられるので、士気3で号令相手にそこそこ対抗できます。弱体化の計と合わせるのも強いですし、雲散でプレッシャーをかけての壁突撃なども面白いように決まります。
また、陥陣営デッキや呂布ワラには惇がいればほぼ100%勝てると言っても過言ではないでしょう。特に天下無双が強化された呂布ワラ相手ではかなり重宝します。今回はデッキにカクを入れてないので、神速号令で正面から天下無双を無理矢理潰す(槍を相手にしながら)という選択肢しか選べず、かなり危険ゲー状態だったんですが、これで安定しました。
まあ相変わらず蜀には辛いですが、とりあえず何の役にも立たないホウ徳や、どこか物足りない徐晃と比べてみてもマシな性能なので、しばらく固定して使っていこうと思います(笑) 
【2007/12/29 21:01】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
雑記。
クリスマスなのでミシュラン東京1ツ星店に家族で行ってきました。
高級フランス料理店なのに、なぜか特上寿司を注文してました。隣の席に座っていた謎の外人が良く分からない言葉でペラペラ喋りかけてくるので、もうめんどくさいから、彼が嫌がるのを無理矢理に活タコの握りを口の中に突っ込んで「OH~~」とか叫んだところぐらいで目が醒めましたね。ハハハ…。
まあどうでもいい話なんですけどね。



大戦は、ついに千葉ランク7位に躍り出ました!
大戦始めてから県内ランキングで2桁切ったのは初めてです。次の目標は県内1位ですかね。まあここのところ必死こきすぎたので、しばらくはマッタリするつもりですけど。
デッキもどうやら、水禍・弱体化・看破の3妨害で安定しそうです。神速使いにあって然るべき「若さ」の欠片も見えませんが、狡猾な自分にはコッチのほうが肌に合ってますね。神速号令で大徳に真っ向からガチンコ勝負?なにそれオイシイの?みたいな。
【2007/12/24 19:33】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
長槍陣。
とりあえず2品~1品以上って、長槍大徳か長槍挑発しかいないんじゃね?ってレベルの壊れっぷりなので、もうどうしようもないので水禍の計を使うことにしました。

張遼・ホウ徳・水禍・郭皇后・看破

総武力低いですけど、まあ水禍で何とかなります。っていうかもうダメ計無いと無理です(笑)。もうこの環境では武力6以下の騎馬は純粋な武力としては全く役に立ちませんしね。
それでも槍4本以上の長槍大徳はかなり無理ゲー。水禍で必死に流しても落雷落とされるか、残った長槍の槍撃+低コスの突撃で、いつのまにかこちらの部隊が全滅してます。特にランカー相手に中盤、戦場中央に長槍陣貼られるとまず攻城は不可能ですね。神速使えば、使った瞬間にもうみんな溶けてます。ビタ止めとかそういうレベルの問題じゃない。一騎討ちが2回連続で起きて劉備と魏延を落とし、残りを水禍で流せたときぐらいじゃないでしょうかね。勝てるのは。

これは相手にしていて極めて不愉快ですね。正直なところを言っちゃうと。
だって、何がすごいかって長槍陣貼ったあとは一度も城に戻ろうともしないんだもん。長槍陣の中で募兵しながらずっと停止してるだけでこちらはもう何もできない。各個撃破しようとしても槍オーラが長すぎて近寄れないか迎撃食らい、仮にそれで迎撃食らわずに落とせたとしても槍撃でこちらの部隊ほぼ半壊。大徳飛んできて、城に戻る前に槍撃で追撃食らって終了します。なんだこれ?って感じ。例えるなら、初代ストⅡのザンギvsダルシム戦で、おまけにダルシムの攻撃力がザンギ並みでザンギの防御力がダルシム並み、ってところですか。

あと残る対策は軍師ジュンイクにして素武力で長槍陣地を何とかするか。このぐらいしか残ってませんね。せっかく混元一気という面白い陣略あるのに使えないのはイヤなので、私は使いませんけど(笑)。
【2007/12/22 20:02】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
ニコニコ動画のアレに関して。
ごくごく一部この動画がネタになってる(笑)ようなので、ちょっと解説をば。
初めに言っておきますと、名前は伏せてありますがこの動画の相手側の中の人は私です。それと動画アップ主のチキンさんとは全く面識はありません。



まずこちらのデッキ
「張遼・トウガイ・周旨・楽進・郭皇后(軍師・司馬懿)」
ですが、このときはデッキ研究中だったため、現在は
●槍相手時に弱体化の計を最大限活かすため、素武力の高いホウ徳をトウガイの代わりに起用。
●根元一気がレベルMAXまで溜まるには時間がかかるので周旨を泣く泣く切って、天属性の曹仁を起用。
●弱体化の計との相性の関係と、挑発・粘り対策、また1コスに純粋な武力は求めていないために楽進の代わりに劉曄を起用。
という形になっています。

まず開幕ですが、とりあえず張コウを落としておかないと開幕機略自在で早々に詰み試合となってしまうので、張コウを狙い撃ちに行きました。(デッキに劉曄がいた場合、開幕相手も号令を撃ち難いと思うので、この点から考えてみても、もう楽進は無い)
通常、あの位置で張遼が張コウに接触すれば、後ろの部隊は迎撃を食らわずに突撃できるんですが、李典が張遼と張コウの間に槍オーラの隙間を作るような動きをしており、見事迎撃を食らってしまいました。あれは相手が巧かったです。

そのあとの相手のカウンターは、まあどんなパターンにせよ城ゲージ40%~60%ダメージは免れなかったと思いますが、不意の一騎討ちもあり、今回は最悪のパターンとなってしまいました。

中盤の神速号令は、今にして思えばちょっと焦った感がありましたね。
当時は根元一気の性能を良く理解していなかったため
(根元一気はゲージMAXで使うと武力-5になるが、それ以外の場合は武力-3となる。このときはゲージではなく軍師カードのレベルが効果に違いを出すもの、と勘違いしていた。)
機略ホウ徳に粘られて、張遼が落ちてしまったのが痛かったです。今使うのならば、中盤は神速号令か弱体化の計を駆使して機略自在と相打ちの状態まで持ち込み時間を稼いでから、終盤に根元一気のゲージが溜まりきったのを見計らってから神速号令+根元一気+弱体化の計で攻めるほうが良かったです。

根元一気の効果範囲は非常に狭いので、動画では神速号令の後、攻城に行っていた楽進と周旨をちょっとばかり真ん中に寄せていますが、これは楽進を周旨側まで寄せて、相手の城内突撃で楽進を落とさせないように動かしたほうが良かったですね。まだまだツメが甘かった。
根元一気の相手城門貼りは号令系デッキに強いですけど、特に挑発をはじめとした妨害計やダメ計・天下無双に弱く、使い方が難しいです。また舞いデッキ相手にはほとんど効果を発揮できないので注意が必要。(ヤマ勘で相手が踊りそうな位置に根元一気を配置するのもアリっちゃアリですが、博打ですね。)

まあ、あの動画に関して言えばこんなとこですかね(笑)
【2007/12/20 18:31】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
看破でした。
昨日、看破使えねえとかほざいていたわたくしが悪うございました。
勝率45%を切って、これはいよいよどうにもならないぞ、
●張遼・ホウ徳・トウガイ・鍾会
みたいな魏4型で水禍の計使おうかなとか考えていたところ劉曄が目に付いたので、気分転換に使ってみて、これが大当たり。看破のおかげで3品まで上がれました(笑)。デッキは
●張遼・ホウ徳・曹仁・郭皇后・劉曄
という形ですが、槍デッキ相手には弱体化ゲーを展開します。ビタ止め乱戦から弱体化の計で武力を落とし、看破でダメ計を封印(ホウ徳落ちると攻めきれないため)、看破をかいくぐって英傑号令がきたらそのまま逃げます。これで士気差2。
また相手にチョロがいる場合は逃げられないので、弱体化の計を2度掛け。最悪でも痛み分けは取れます。
んで陣略ゲージが溜まったら、自城付近に張っている場合はガン待ちして相手が城に張り付いたのを見計らってから弱体化→根元一気→さらに弱体化か、相手デッキに雲散が無い場合や八卦の戦計の場合は神速号令で。
敵城前に貼ってる場合は、基本的に弱体化2度掛け。看破で端から出てくるダメ計持ち武将や、高武力騎馬、チョロをマークしつつ、根元一気の範囲内で突撃を繰り返します。

とにかく劉曄の操作次第ですね。特に姜維相手には乱戦して撤退しないよう劉曄を姜維に寄せつつも、右手で城内突撃+必要とあらば弱体化の計、みたいな非常に難しい騎馬操作が必要になってきます。いままで自城付近の攻防は、使わない低コスは壁攻城に行かせて3枚の高武力騎馬を操るのが基本でしたが、今度は5枚操作(高武力騎馬で城内突撃や城の出し入れ、劉曄でキーカードを看破、郭皇后で必要とあらば弱体化が基本になってくるようです。
まあここ何試合かでは、ある程度この操作をいじれるようになってきたので、しばらくは修行ですね!(笑)

でも非常に楽しいです。
【2007/12/19 22:42】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
いまだ試行錯誤中。
今日はトレで手に入れた軍師司馬懿と自力で引いたトウガイを使いまくりました。結論としては、うーむ…。
伏兵能力と知力の安定性、急場の隠密と決して使い勝手は悪く無いんだけど、素武力7のトウガイと素武力9のホウ徳の差が神速号令時に顕著に出てしまって攻め切れない状況が多々ありました。トウガイは見た目がかっこいいんですがね。
司馬懿に関しては、陣略の使い方が非常に限定的で難しいカードのように感じました。相手陣地に張るにせよ、範囲として騎馬の城門の1枚分ぐらいしか完璧にはカバーしきれませんし、守りに使うにせよ、よほど引き付けて撃たない限りは相手に逃げられてしまいます。特に騎馬に対しては、明らかにジュンユウのほうが使いやすく、微妙感漂う感じでした。
まあデッキ内容と試合運びによると思うんですけどね。蜀に対しては結構強く、弱体化と合わせれば大徳すら潰せるので、まあとりあえずは使い続けてみます。

・おまけ。今回、無いな~と思ったカード
●トウガイ:たとえば「ホウ徳・司馬懿・トウガイ・楽進・看破」みたいな形の機略騎馬単デッキでしか生きていけないと思う。
●カク:もう終わってる。全部隊に離間かけても、機略1度掛けの時点ですでに騎馬オーラ消えてないし。どんだけ速度低下弱くなったんだと。
●看破:5枚神速にはあんまり合ってないと思う。
●夏候惇:雲散微妙…。求心や機略に、ドバーって感じで張り付かれると終わる。
●各種水計:全体的に知力上がりすぎ。

以上。
【2007/12/19 01:56】 | 三国志大戦 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。